ニキビ

オイリー肌だとどうしてニキビができるの!?

オイリー肌最大の悩みは、なんといってもニキビです。
私も思春期の頃から今もずっといつもどこかにニキビがある状態が続いています。
「ニキビがない!」と調子にのって甘いものを食べ過ぎてしまった日には、翌日ニキビが大量発生してたりします。
ニキビ。。。本当に嫌ですよね。

 

ところで、オイリー肌だとどうしてニキビが出来やすいのでしょうか!?
ご存知ですか!?
よく言われる<思春期ニキビ><大人ニキビ>に違いはあるのでしょうか!?

 

ここで少し、ニキビの基礎知識をQ&A方式でお勉強しましょう!

 

 

どうしてオイリー肌だとニキビが出来やすいの!?

ニキビは毛穴が詰まってしまうことで発生するのですが、残念ながらオイリー肌には毛穴を詰まらせてしまう要素がたくさんあるんです。
オイリー肌で、皮脂が過剰に分泌されると、べたついた肌の表面は弱酸性から酸性に傾いてホコリや雑菌などが付着しやすくなります。
そうなると、毛穴がふさがれてしまう可能性が高くなり、本来毛穴から排出されるべき皮脂が排出されずに毛穴の中に溜まることになり<ニキビ>が発生することになるんです。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いはあるの!?

ざっくり言うと、思春期ニキビも大人ニキビも皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まることで発生するので、発生する原因は同じです。
ただ、皮脂が過剰に分泌してしまう原因や、ニキビが発生する場所が思春期ニキビと大人ニキビでは違ってきます。
思春期ニキビでは、成長期におけるホルモンバランスの変化が、皮脂の過剰分泌の主な原因です。
そして、ニキビが発生する場所として、おでこや鼻のTゾーンが該当します。
大人ニキビでは、皮脂が過剰に分泌する原因としてストレスや生活環境があげられます。
ニキビが発生する場所は、あごや口周り、フェイスラインのUゾーンが該当します。

 

同じところに繰り返しできるのはなぜ!?

まず、ニキビが発生した毛穴や毛穴付近は抵抗力が弱っているため、刺激に弱くニキビが発生しやすくなります。
また、ニキビの炎症が完全に治っていない場合も、再度ニキビが発生してしまいます。
表面的にはニキビが治っていても、毛穴の中ではまだ炎症が完治していないことはよくあることなんですよ。
同じ場所にニキビが繰り返しできていると、血行が悪くなり代謝が悪くなってしまう悪循環にも陥ってしまいます。

 

オイリー肌とニキビの関係はなかなか深いですね。
皮脂の量が多い以上、オイリー肌の人はニキビとは切っても切れない縁なのかもしれません。

 

                                          

 

最近は、「ニキビができたら病院へ」と、ニキビは肌の病気だから皮膚科に行くことを促進していますよね。
私もニキビで皮膚科に言ったときに、「ニキビができるのは若くて皮脂が十分にある証拠。皮脂が過剰に分泌しないようにできるならば生活環境などで心がけるといいけれど、体質のものなので、ニキビができることで悩むよりも、できたニキビを悪化させずにキレイに治すことに集中しましょう。」と言われました。
それを聞いて妙に納得したのを覚えています。
「どうしてまたニキビができるの」と悩むよりも、体質だからしょうがないと割り切ってできてしまったニキビを悪化させてニキビ跡を残さないことを意識しています。

 

それでも、ニキビだらけのお肌は絶対に嫌ですよね。
日常生活での心がけ次第で、皮脂が過剰に分泌されるのを抑制することができます。
それについては次のページで紹介しますね!

ニキビ関連ページ

テカリ
オイリー肌の最大の悩みは<テカリ>ですよね。 ここでは、オイリー肌とテカリの関係に迫ります。